輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

ポルシェ911 993カレラ4Sの車検整備

<今日のテックセンター>

 

ポルシェ993カレラ4S

車検でご入庫いただいています。

 

 

車検点検では、エンジン周りから足周り、駆動系、電装品など

記録簿で定められている項目以外の部分や

車種ごとのウィークポイントも含めて点検していきます。

 

 

 

993のツインデスビはベルト切れを起こすことがあるので

一度はオーバーホールをしておいた方がよいですね。

 

 

空冷ですからベルト周りは要チェックポイントです。

エンジンにとって冷却システムは非常に重要な部位です。

 

 

ファンベルトを交換する際は

ベルトセンサーも同時に交換しておくとよいですね。

 

このベルトセンサー、ベルトの緩みやベルト切れを検知すると

メーター内部の警告灯が点灯するようになっています。

水冷エンジンではこういう仕組みはまず見ないですよね。

これがあるということは

それだけベルト周りのシステムが重要だということですね。

こういった重要な箇所は

早め早めのメンテナンスを心がけましょう!

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!