輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

メルセデスベンツW219CLS350のエンジンチェックランプ点灯修理

<今日のテックセンター>

 

こんにちは!

年明けから多数のご入庫をいただき

誠にありがとうございます!!

冷え込みの厳しい時期ですが

今日も工場は元気にフル稼働中です!

 

こちらのメルセデスベンツCLS350は、

エンジンチェックランプの点灯でご入庫いただきました。

 

 

まずはテスター診断を行ない

チェックランプが点灯する要因となった故障コードを確認し

その情報をもとに現車の各部の点検を行なって

原因を絞り込んでいきます。

 

 

このエンジンで比較的多いのは

点火系のイグニッションコイルの不良や

カムポジションセンサーの不良などが挙げられますね。

もちろんそれ以外にも故障する可能性のある部分はあるので

一通りチェックしていきます。

 

だいぶ前からではありますが

やはり故障診断においてはスキャンツールが必要不可欠ですね。

故障自体は単純なものでも、部品を交換するだけでなく

エラーの消去や初期設定等が必要なケースもあるので

輸入車の整備は専門の工場で実施するようにしたいですね。

 

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!