輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

ポルシェ957カイエンターボの車検整備

<今日のテックセンター>

 

ポルシェ957カイエンターボ!

車検でご入庫いただいています。

いつもご利用いただき誠にありがとうございます!

 

 

カイエンも現行の958がリリースされて約10年が経とうとしていますので

見た目からはそれほど古さは感じませんが

957のカイエンもある程度年数の経つモデルとなります。

 

 

こちらの車両はV8のターボになりますので

エンジンルーム内の熱量も相当なものになります。

したがって、エンジン周りの樹脂パーツは

熱の影響を受けて劣化が進み、場合によっては

破損してしまうこともあります。

とくにインテーク周りやバキューム系統の樹脂パーツが

劣化して亀裂が入ったりすることが多いです。

インテーク周りでトラブルが起きた場合はE/Gのチェックランプ、

バキューム系統でトラブルが起きた場合は

ブレーキブースターのエラー表示が出ることが多いですね。

 

また、冷却系統も樹脂パーツが多く使われているので

しっかりとチェックしておく必要があります。

特にクーラントサブタンクは冷却水漏れの事例も多いので

材質が劣化してきているようであれば

予防の意味も含めて早めに交換しておきたいですね。

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!