輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

マセラティギブリの法定12ヶ月点検

<今日のテックセンター>

 

マセラティギブリ

法定12ヶ月点検でご入庫いただいています。

誠にありがとうございます!

 

 

ダイレクトイグニッションはメーカー問わず

トラブルの起きやすい箇所なので

きちんと取り外してサプレッサー部分まで

点検しておくようにしたいですね。

 

 

クーラントサブタンクは、ほとんどのメーカーが

樹脂製を採用していますが、

やはり熱による経年劣化は徐々に進んでいきます。

クーラント漏れの事例が多い箇所でもありますので

車検や法定点検の際に都度チェックをして

劣化や不具合が見られたらすぐに交換しておくようにしたいですね。

 

 

パワステも意外とトラブルの起きやすい箇所です。

一番多いのはパワステオイルの漏れですが、

最近は電動パワステもだいぶ増えて来ているので

きちんとテスターでフォルトが入っていないかどうかも

チェックしておく必要があります。

 

その他、消耗部品や油脂類、故障事例の出ている箇所など

各部を入念にチェックしていきます!

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!