輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

アウディA5スポーツバックの法定12ヶ月点検

<今日のテックセンター>

 

こんにちは!

今日の工場は、アウディA5スポーツバックの

法定12ヶ月点検などが行なわれています。

今回が初めてのご入庫となります!

誠にありがとうございます!

 

 

2リッターのターボエンジンはA5だけでなく

他のモデルのも搭載されています。

いくつか共通の故障事例も出ていますので

記録簿に則った基本の点検に加えて

ウィークポイントといわれるところもしっかりとチェックしていきます。

 

 

イグニッションコイルは欧州車全般において

故障事例の多い箇所ですね。

コイル不良によって1シリンダー失火してしまい

エンジンの振動が大きく出て加速が悪くなってしまうので

いちばんオーソドックスな故障事例ですね。

その他にも、温間時だけ不具合症状が出たり

不調症状はでていないもののサプレッサーが

熱によって損傷してしまっているケースもありますので

全シリンダー分きちんと取り外して点検しておきたいですね。

 

 

クーラントサブタンクも故障事例の多い箇所ですね。

タック本体から漏れが出ることがもっとも多いですが、

内部に組み込まれているセンサーに不具合が生じ

クーラントの量は問題ないのに警告が出るという症状も

時々起ることがありますので注意が必要です。

 

 

O2センサーも要チェックポイントです。

燃費の制御に関わるセンサーですので

何か異常があれば(ECUが異常を検知すれば)

すぐにエンジンチェックランプが点灯しますが、

センサーが原因で不具合症状が出ることは少ないので

きちんと専門の工場で診断を受ける必要があります。

センサーが劣化して知らず知らずのうちに

燃費が悪くなっていっているなんてこともあり得ますので

専門の工場での定期的なチェックは欠かせませんね。

 

これから夏のレジャーシーズンに向けて

車の使用環境は過酷になる一方、

愛車で出かける機会は増えてくると思いますので

安心してお乗りいただけるよう入念に点検整備させていただきます!

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!