輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

メルセデスベンツW463 G500L の法定12ヶ月点検整備

<今日のテックセンター>

 

こんにちは!

今日の工場は、ベンツG500Lの法定12ヶ月点検整備などが

実施されています!

 

 

今回の法定点検では、ブレーキ周りのメンテナンスを中心に

整備させていただきます。

ゲレンデヴァーゲンは車両の重量も重たいので

当然ブレーキにかかる負荷も大きくなります。

安全のためにも摩耗状態や劣化、不具合が無いかどうかは

こまめにチェックしておくようにしたいですね。

 

 

今回はブレーキオイルの交換も実施させていただきました。

ブレーキオイルは他のオイルと違い

水と混ざる性質があるため

時間の経過とともに空気中の水分を吸湿して

徐々にブレーキオイルとしての性能が低下してきます。

ですのであまり走行距離が伸びていない場合でも

確実に劣化は進んでいきますので

最低でも2年に1回(車検時)、できれば年に1回は

定期的に交換しておくようにしたいですね。

 

ブレーキパッドやローターの摩耗状態は

もちろんチェックしておくべきところですね。

それともう一つ、ブレーキキャリパーの

ピストンの動きが悪くなっていないかどうかも

確認しておきたいポイントです。

ブレーキに大きな負荷がかかるということは

ブレーキがより高い熱をもつということでもあるので

キャリパー内部のシール類にも影響は出てきます。

もしブレーキの点検をした時にピストンの動きが悪く

ブレーキの引きずりを起こしてしまっているような場合は

キャリパーのオーバーホールや交換などを実施しておきましょう!

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!