輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

ポルシェ 2004年 996 911カレラ4S ドライブベルトの交換

<今日のテックセンター>

今日の工場では、ポルシェ911カレラ4S(996)の

ドライブベルト交換などが実施されています。

996は991が空冷から水冷に代わった最初のモデルですね。

2004年式なのでその996の後期型ということになります。

今回はエンジン始動時に「キュルキュルキュル」という

激しいベルト鳴きが発生するようになってしまったということで

修理のご用命をいただきました。

 

 

ドライブベルトはもちろん劣化していましたので

新品に交換させていただく形にはなりますが

注意しておきたいのはベルトがかかっている車輪の部分、

その中でもテンショナープーリーとアイドラープーリーですね。

このプーリーの回転軸のベアリングにゴロツキやガタが出て

ベルトの張力で力がかかった際に少し傾いてしまうことがよくあります。

その結果、ベルトの当たり面での摩擦が増えてベルトが鳴きやすくなります。

 

今回もアイドラープーリーにガタが出ていましたので

ベルトと同時に交換させていただくこととなりました。

ドライブベルトそのものももちろん劣化していましたが

ベルト鳴きの原因はどちらかと言えばこのアイドラープーリーの

ガタツキによるところが大きいですね。

今回のようにベルト鳴きという明確な症状があれば別ですが

そういった症状が何も出ていない場合はプーリーのガタなどは

比較的見過ごされがちな箇所でもあります。

またベルトが張られたままの状態では分り難いところでもありますので

車検や法定点検でプーリーをチェックする際は

面倒でも一度ベルトを外して各プーリーをフリーの状態にして

ガタやゴロツキ感のチェックをするようにしたいですね。

また、ベルトを外すということはオートテンショナーを動かすということなので

テンショナーの張力が保たれているかどうかのチェックにもなり一石二鳥です。

ベルト周りのトラブルは大きな故障に繋がる可能性もありますので

定期的にきちんとチェックをして早めに交換しておくようにしたいですね。

 

<案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!