輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

ポルシェ2005年 997 911カブリオレのエアコン修理

<今日のテックセンター>

こんにちは!

今日の工場ではこの時期定番のエアコン修理などが行なわれています。

車両はポルシェの997カブリオレ、911が水冷になって2代目のモデルですね。

 

 

走行中にエアコンの吹き出し口から煙が出て

そこからエアコンが全く効かなくなってしまったということで

修理のご用命をいただきました。

現車のエアコンの状況を確認してみると

風は出るけど冷えないという状況で、ヒーターや風量、風向の調整は

それぞれ正常に作動していました。

しかしエアコンのコンプレッサーが全く回っていません。

これではエアコンが冷えるはずもありませんね。

コンプレッサーが回らなくなる原因はいくつかありますが

まずはエアコンガスの状況を確認していきます。

すると、、、まったくガスが入っていませんね。

スッカラカンの状態で配管の内圧も外気と同じ。

可能性からすると恐らくどこからか大きなガス漏れを起こしたようです。

不具合発生時の状況も踏まえてエアコンの配管や

各部の構成部品をチェックしていくと、、、

ありました、プレッシャースイッチにかなりの漏れ跡が見られます。

エアコンのフィルターが位置的に近いことも考えると

不具合発生時の吹き出し口から煙が出たというのも頷けますね。

ということで、早速プレッシャースイッチを交換させていただきました。

 

 

エアコンガスの漏れがひどい場合は、ガスを入れることができない為

他の箇所に問題があるかどうかを判別することができません。

ですのでまずは一通りチェックして漏れがあった箇所を修理し

エアコンガスを入れてコンプレッサーが稼働する状態になったうえで

あらためてシステム全体の点検をします。

 

スイッチ交換後は配管内の真空もしっかり保てているようなので

他にガス漏れの箇所は無さそうですね。

エアコンガスを規定量チャージして

エアコンの各構成部品の作動もチェックしてみましたがこちらも問題なさそうです。

 

エアコンの修理は、故障原因が複数あったり

一筋縄ではいかないケースも多々ありますが

やはり大切なのは基本に忠実に一つひとつしっかりとチェックしていくことですね。

今回の修理後はエアコンもギンギンに冷えるようになりましたので

まだまだ残暑厳しい時期が続きますがこれで快適にお乗りいただけます!

 

<案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!