輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

フォルクスワーゲン 2000年 ゴルフ4のクーラントサブタンク交換

<今日のテックセンター>

こんにちは!

今日も暑いですね~

暑い時期に多いのはやはり冷却系統の整備ですね。

不具合があればもちろん暑い寒いは関係なく修理が必要ですが

故障事例の多い箇所などは劣化の状態に応じて

予防整備という形で手を入れておくと安心して乗ることができますね。

 

 

こちらはフォルクスワーゲンのゴルフ4。

初代のフォルクスワーゲンゴルフから数えて4代目のモデルですね。

非常に人気のある車種で国内でも数多く売れたモデルです。

年式としては15年以上前のモデルになるので

ここ最近は目にする機会も徐々に少なくなってきていますね。

 

車検でご入庫いただいた車両ですが

今回の車検整備では予防も兼ねて

クーラントサブタンクの交換を実施させていただきました。

クーラントサブタンクはフォルクスワーゲンに限らずどのメーカーでも

クーラント漏れが発生することが多い箇所ですね。

 

こちらは交換する前のサブタンクですが

見ての通りだいぶ黄ばんできていますね。

本来は真っ白な樹脂なのですが熱の影響などもあり

劣化してくるとこのように色も変化してきますし

材質そのものの強度も低下してきます。

よくあるのは、キャップの密閉性が悪くなって取り付け部から漏れたり

タンクの製造過程で溶着されている継ぎ目から滲んできたりといった不具合ですね。

これは材質の劣化から来る不具合なので

古くなって劣化が進んで来たら本格的にクーラント漏れを起こす前に

新品に交換しておくようにしたいですね。

クーラントの漏れは、

そのまま放置しておくとオーバーヒートに繋がる可能性があります。

オーバーヒートを起こすとヘッドガスケットが抜けたり

シリンダーヘッドそのものが歪んでしまうこともあります。

またエンジンそのものが損傷してしまう可能性もありますので

そういった故障時のリスクが高いところは

予防も兼ねて早めに交換しておくようにしたいですね。

車の修理も、早期発見早期治療が大切です!

 

<案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!