輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

ポルシェ 2005年 955 カイエンターボのクーラント漏れ修理

ポルシェ955カイエンターボ、

こちらの車両はクーラント漏れの修理でご入庫いただきました。

9月に入ったとはいえまだまだ暑い日が続いていますので

水周りの修理も多数ご依頼をいただいています。

今回は走行中にメーター内にクーラントの警告表示が出たので

冷却水が漏れているのではないかということで

診断のご用命をいただきました。

ただ、ご自宅の駐車場などでクーラントと思われるような

色の付いた液体が垂れている様子はなかったとのこと。

ご入庫時にクーラントは減っていましたが

確かに下へ垂れてくるほどの多量の漏れではないようです。

カイエンではクーラント漏れの事例が多く

その原因となる主な箇所はいくつかありますが

この車両はクーラントサブタンクから漏れが発生していました。

カイエンだけでなく、輸入車では定番の修理ポイントですね。

タンクの所々に白く乾いた結晶のようなものが見られますが

これがクーラントが滲んで乾いた跡です。

漏れが微量だったため、下まで垂れてくる前に蒸発して

なかなか気づきにくい状況になっていました。

特にカイエンは、クーラントサブタンクがエンジンルームカバーで

覆われるような位置に設置されているため

あえてそこをチェックしようとしてエンジンルームカバーのフタを取らない限り

なかなか目に付きにくい状態になっているので

それも警告が出るまで気づかなかった要因にはなっています。

このように、車の不具合というのは

初期の段階ではなかなか気づきにくい状況も多く

また、メーターに警告灯やエラーメッセージが出た段階では

すでにある程度故障が進行しているケースも多くあります。

走行中のトラブルは安全面だけでなく

コストや時間など様々な面でも影響が出ますので

できるだけ故障に早い段階で気づくためにも

きちんと法定点検を実施しておくようにしましょうね♪

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!