輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

ポルシェ 2004年 986 ボクスター ATF交換

こんにちは!

今日の工場はポルシェ986ボクスターの

ATF交換などが実施されています。

ATFの交換については色々と意見が分かれるところではありますが

やはりオイルですし汚れてくれば当然性能も低下しますので

定期的な交換はしておいた方がよいですね。

定期的に交換をしておくことでAT故障のリスクを減らし

ミッションの寿命を長く保つことができます。

交換の際はATのオイルパンを取り外し

オイルパン内部のフィルターも同時に交換していきます。

フィルターをそのまま使用するとせっかくの新油に汚れが混じってしまいますし

AT内部にスラッジが溜まる原因にもなりますので

フィルターが交換できるタイプのATの場合は

必ず交換しておくようにしましょう。

取り外したオイルパンもきれいに洗浄しておきます。

この時にオイルパンの底に溜まっている沈殿物を確認しておくようにしましょう。

スラッジの量や鉄粉などの状態からミッション内部の状況を推測することもできます。

また、オイルパンのガスケットの当たり面は特に入念に洗浄しておきましょう。

ガスケットのカスなどの汚れがついたまま組み付けてしまうと

高確率でATF漏れを起こしますので、オイルパンとAT側の当たり面は

入念にきれいにしておくようにしたいですね。

ATFとフィルターを交換した後は、オイル量の調整と漏れの点検、

テスト走行を行ない異常がないかどうかを確認して作業完了です。

もちろん車に使われているオイルはATFだけではありませんので

エンジンオイル、パワステオイル、デフオイルなども

それぞれ定期的に交換をしておく必要があります。

消耗部品も油脂類もきちんと定期的に交換しておくことが

一番大切なメンテナンスのポイントですね!

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!