輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

ポルシェ 1991年 964 911カレラ2カブリオレ 車検整備

ポルシェ964カレラ2カブリオレ、今日はこちらの車両の

車検整備などが実施されて追います。

いつもご利用いただき誠にありがとうございます!

空冷には絶好のシーズンですね~、しかもカブリオレ♪

気持ちよくお乗りいただけるようしっかりと点検整備させていただきます。

やはりメンテナンスのポイントはエンジンルーム内に集中していますので

まずはエンジン周りからウィークポイントなども踏まえて点検していきます。

まずはベルト周りから。

エンジンルームに鎮座する特徴的なファン。

空冷ですので、このファンが回らないとエンジンが冷却されず

オーバーヒートを起こしてしまいます。

ですのでファンを回すファンベルトの状態はシビアにチェックしておきたいですね。

他の車ではあまり見ることの無いベルトセンサー。

ベルトが緩んだり切れたりするとこのセンサーが反応して

メーター内の警告灯が点灯するのですが、

こういうセンサーが設けられていることからも

ファンベルトがいかに重要なものなのかということが分かりますね。

このセンサーも古くなると熱による劣化で破損してしまうことがあるので

ベルト周りの点検をする時はベルトセンサーも点検しておきましょう。

もう一つ特徴的なのがツインデスビですね。

964のエンジンはツインプラグなのでデスビもツインになっています。

このデスビの内部には駆動用のベルトがあり

たまにこのベルトが切れてデスビが片方だけ回らなくなってしまうことがあります。

片方だけでもデスビが生きていればエンジンは回るので

気づかずに走行しているケースもたまにありますが

走行中にベルトが切れてしまうとタイミングによっては

エンジン内部が破損してしまうこともありますので

不具合が出る前にツインデスビはオーバーホールしておくとよいですね!

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!