輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

ポルシェ 2003年 911 996カレラ4S クラッチオーバーホール

こんにちは!

今日の工場は、ポルシェ996カレラ4Sの

クラッチのオーバーホール作業などが実施されております。

マニュアル車では必須のクラッチオーバーホール、

ミッションを降ろしてクラッチのディスク、カバー、ベアリングなどを

新品に交換していきます!

まずは下周りのメンバーやドライブシャフトの連結を取り外し

ミッション本体を車両から取り外していきます。

911は、空冷の場合はエンジンとミッションを一緒に下ろしてから

ミッションを分離してクラッチパーツを交換しますが

水冷の場合はミッションだけを降ろしてクラッチパーツを交換していく形になります。

クラッチの組み付けの際はきちんとセンターを合わせないと

組み付けが上手くいきませんので注意が必要です。

また、ミッションを降ろす作業になりますので

ミッション側のインプットシャフトシールも新品に交換し

ハウジング内もきれいに清掃してから組み付けて行きます。

交換後はクラッチの繋がりもスムーズになり異音もせず

より一層シフトチェンジが楽しくなりました♪

 

クラッチは摩耗してくると、ペダルの繋がる位置が手前になってきたり

繋がる時にジャダー(振動)が出たりすることもあります。

また、ディスクの摩耗がかなり進んでくると

レリーズベアリングがクラッチカバーに接触して

クラッチペダルを一番奥まで踏み込んだ時に音が出る事もあります。

クラッチの摩耗は、操作した時に異音や振動などの症状として表れることが多いので

以前と比べてクラッチを操作した時の感じが変わってきたと思ったら

クラッチのオーバーホール時期かもしれません。

クラッチに不具合が発生すると、ギヤが入らなくなったりして

走行不能になることもありますので、ギリギリまで使うのではなく

少しでも異常を感じたら早めに点検を受け、メンテナンスしておくようにしましょう!

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!