輸入車、外車の修理や車検はカレントテックセンター

メルセデスベンツ 1998年式 W210 E320 エンストの原因はクランク角センサー!

こちらの車両はベンツのE320、W210のタイプですね。

W210もだいぶ目にする機会が減りましたね。

下手をすると124よりも見かけることが少ないかもしれません。

そんなW210ですが、出先でエンストをしてしまったということで

修理のご用命をいただきました。

エンストしたのは数日前。

日帰り旅行で少し遠出をした際、家を出て約2時間程度走行したあたりで

休憩をとろうとサービスエリアに寄ったところ、

駐車場に入ってすぐエンストしてしまったようです。

あわててすぐにクランキングするもエンジンはかからず、

とりあえず不幸中の幸いでエンストした場所がサービスエリアだったので

少し休憩して時間をおいてから再始動を試みたところ

何事もなくエンジンがかかって帰りも快調で帰ってきたとのこと。

結果的に事なきを得た形にはなりましたが

ただで出先でエンストした瞬間は一瞬肝を冷やしたとのことで

診断と修理のご用命をいただきました。

この症状でも何となく原因の想定はできますね。

診断をする際も、恐らくあのフォルトが入っているだろうと想定し

テスター診断をしてみたところ、案の定入っていました。

「クランク角センサー」のフォルト。

今回は完全温間時で症状の再現が可能だったため

テスト用のセンサーも使いながら

クランク角センサーが原因であることを確認しました。

クランクセンサーが原因の場合、初期の段階では

高温時に不具合症状が出ることが多いですね。

ただ厄介なのは、クランク角センサーが故障しても

必ずしもフォルトメモリーが残るわけではないということ。

また、写真の上が新品部品で下が今回不具合を起こしていた実物ですが

見た目では故障しているかどうか全く判別がつきません。

今回は症状も再現することができ、フォルトコードも入っていたため

答えにたどり着くまでに時間はかかりませんでしたが

最悪は、エンストしたけれど症状の再現性もなく

フォルトメモリーなどの手がかりも全く無いという状況も起こり得ます。

そうなると原因の特定は極めて困難ですね。

じゃあどうすればいいの!?

ということですが、一番いいのは予防整備として事前に交換しておくことです。

クランク角センサーの故障はベンツでは比較的多く

W210のV6エンジンではウィークポイントと言っていいくらい事例も出ていますので

万が一のトラブルを未然に防ぐためにも

早めに交換しておくのが理想的ですね。

 

<ご案内>

弊社ではメーカー、車種、年式問わずどんなお車でもご入庫いただけます。

また、一般修理や整備、車検、法定点検以外にも

板金塗装やカスタム、オーディオ、車両の販売、買取、

パーツの販売、買取、保険など車に関することなら何でも承っております。

各メーカーに対応した診断テスターも完備しており

消耗部品交換などの一般的な整備だけでなく

トラブルシュート作業にも対応しておりますので何でもお気軽にご相談ください!